モグワンドッグフードは子犬でも食べられるの?

モグワンドッグフードは子犬でも食べられるの?

モグワンドッグフードは子犬でも食べられるの?という疑問を持った飼い主さんもいます。

 

モグワンドッグフードは生後4か月からシニアまで一生を通して安心して与えられるプレミアムドッグフードです。

 

子犬時期の食事は、その犬の一生にとってとても大切な将来の身体を作る時期になります。

 

人間が食べられる食材で作られたヒューマングレードのドッグフードで子犬時期の身体作りをしてあげることで将来の病気リスクの回避にもなります。

 

モグワンドッグフードは身体つくりに欠かせない良質なタンパク質がたくさん含まれていて人工的な香料やアレルギーの原因や消化のわるい穀物が入っていないグレインフリーのドッグフードです。

 

本来犬の食事は仔犬用、シニア用などと分ける必要は全くないのです。
子犬の身体はデリケートなので与えるときのポイントをいくつか紹介します。

 

モグワンドッグフードは生後4か月から対象です。

生後4か月というと一般的には離乳は終わっている時期です。
ですがまだまだ子犬の胃腸は完成されていない成長途中です。

 

食事回数は生後4か月?6カ月くらいまでは1日の給餌量を3回に分けてあげます。
まだ胃が小さく一度にたくさんあげてしまうと吐いたり下痢をしたりの原因になります。

 

歯も生えそのままでも食べられますが食べづらそうであればぬるま湯でふやかしてあげてください。

 

徐々にふやかす時間を短くし最終的にはドライのままであげてください。
その際は熱湯は使わないでください。
モグワンドッグフードにはフードを固める人工的な添加物は使用していません。

 

熱湯をかけてしまうと、せっかくの栄養が壊されてしまいますので注意が必要になります。

 

モグワンドッグフードの給餌量を必ず守ってください。生後4か月?12か月の子犬用の給餌量が記載されていますので1日の量を3回に分けてあげてください。
生後7か月くらいからは1日の給餌量を2回に分けてあげます。

 

モグワンドッグフードは食いつきが良いと評判のフードです。
子犬はあげるだけ食べてしまいますので必ず量を守るのがポイントです。

 

便の調子や体調の変化もよく見ながら体重によって量を調整してください。
フードだけでは健康な身体は作れません。
適度な運動も取り入れてください。

 

犬の一生を支える良質なモグワンドッグフードをあげることでしっかりとした身体と健康を作ることができます。